婚約指輪の情報がいっぱい!

婚約指輪の選び方。

婚約指輪の選び方。 彼女と婚約しようとするとき、結婚の約束をした記念に男性が女性に贈るのが婚約指輪になります。
メインストーンに固い絆と愛を象徴するダイヤモンドなどがあしらわれており、美しい装飾が施されているものが一般的です。
近年の婚約指輪の平均購入価格は20〜40万ほどとなっています。
基本的にはオーダーメイドで、女性の好みを聞いて一から制作されるのが一般的とされています。
通常は二人で選びにいくことが多いですが、サプライズで贈りたいと言う男性は、しっかりとパートナーの指輪のサイズを知ることが重要です。
友達に協力してもらいサイズを知るなどしておきます。
折角贈ったのにデザインが気に入らない、と言うことが無いように相手の好みをリサーチしておくことも大切です。
普段からパートナーの見につけているアクセサリーの傾向をチェックしておき、好きなブランドを抑えておくことも有効です。
デザインとしては、飽きのこないソリティア、石が引き立つメレ、ゴージャスなデザインなパヴェなどがあります。
婚約指輪は一生モノの指輪です。
そのことを考慮して、きちんとサイズ修正などのサービスを行なってくれるかなどをチェックしてショップを決めることをおすすめします。

婚約指輪に使われる石の種類

エンゲージリングといわれる婚約指輪は、プロポーズのあと、一般に男性から女性に贈られる美しい装飾の指輪のことです。
結婚をしてから男女で日常的につける結婚指輪は、シンプルなデザインのものが多いですが、婚約指輪のデザインは、大き目のセンターストーンを主役にしたきらびやかなものが人気です。
オーダーメイドのダイヤモンドリングや、セミオーダーでいろいろなパターンから好みのものを選んだりすることができますが、納期が5週間ほどかかるため、余裕を持って準備することが大切です。
かつては、大粒のダイヤモンドをあしらったものがほとんどでしたが、ほかの種類の宝石も使われるようになりました。
たとえば、サムシングブルーを意味するサファイアや、ルビーやオパールなどの誕生石といった、カラーストーンの指輪であれば、特別なメッセージをこめられるだけでなく、ちょっとしたフォーマルな場で使うことができるというメリットがあります。
また、人気のあるダイヤモンドでも、ブルーダイヤや希少なピンクダイヤなど、さまざまなカラーの種類があります。
婚約指輪として大き目のダイヤモンドをセッティングしてあるものでも、サイドストーンに違う種類の石を合わせると、印象が変わります。

オススメの婚約指輪作製サイト

フルオーダーのこだわりの婚約指輪

婚約指輪